フリーイラスト素材のソデデザイン

フリー素材サイトと画像の著作権

考える女の子のフリー素材
地域や学校、職場の広報誌などちょっとしたお知らせをWEB上や紙媒体で配りたいことがあると思います。文章だけだと読んでくれない、理解されにくいのでイラストや図解を併せて載せると効果的です。
しかし、WEB上に掲載されている画像をなんでも引っ張って文書に掲載することはできません。

それは、著作権があるためです。

著作権とは

著作権とは、基本的に、著作物を作成した人物(著作権者)に与えられる権利です。著作権のある著作物を著作権者に無断で使用した場合、著作権の侵害となります。

もっと簡単に書くと、
絵を描いたら著作権が発生し、その絵を書いたAさんは著作権者です。Aさんは著作権を持っているので、BさんはAさんの描いた絵をAさんの許可無くインターネットに掲載したり、本にして出版したりすることはできません。

つまり、インターネット上に掲載されているものであってもそれを制作した人物がいる以上、著作権は発生しており、誰でも無断で使用することはできません。

フリー素材サイトが便利

そうなると挿絵や写真はどこで手に入れてくればいいのでしょうか?
もちろん自分で作成するのが最も簡単かつ安全です。
しかし時間や技術など様々な都合でそれらを用意できない場合、フリー素材サイトが便利です。

フリー素材サイトとは、規約を守る場合誰でも使うことが許可された写真・イラスト・音楽などを配布しているサイトです。
規約を守っていれば、無断使用等で怒られることはありません。

規約のポイント

フリー素材サイトでも、使ってはいけない媒体や使う際のルールなどが細かく定められている場合があります。

フリー素材を使用する際はこういった規約をしっかりと確認してから使用しましょう。

商用利用・法人利用は可能か

個人で利益が出ないサイトなどで使用する場合はほとんどの素材サイトが許可を出していますが、法人や商用利用に関しては扱いに差があります。

商用利用不可の素材なら、金銭が発生する媒体には使用することができません。お金をもらって書いた記事や広告がついた記事には使用することができませんし、商業施設に設置するパンフレットにも使用することはできません。

公序良俗に反する目的とは

「公序良俗に反する目的での使用をお断りします」と書かれている場合、違法な行為に関わる恐れがある場合は使用することができません。
公序良俗はかなり概念的な内容なので明確な定義とは言えないのかもしれません。過去の判例などを確認するのが、これに該当するかしないかの判断基準となるでしょう。
誰かの誹謗中傷をしているようなサイト、わいせつなデータを公開しているサイト、差別的な内容などがあるサイトは該当してしまうかと思います。

素材自体をコンテンツ・商品としての再配布や販売を目的とした利用

配布されているイラストを使用して、LINEスタンプやデジタルデータの配信を行ったり、配布されているデータをそのまま他のWEBサイトに掲載して素材サイトを作成するといった行為が再配布や販売にあたります。

著作権は素材の制作者に

フリー素材とはいえ、著作権は作成した人にあります。フリーだからと言って自分が全てを制作した振る舞いはよくありません。使用料は無料(フリー)であって扱いは著作権者の規則に従う必要があることを忘れないようにしましょう。