フリーイラスト素材のソデデザイン

PNGデータとは?素材として一番扱いやすい画像形式です

当サイトで配布しているのはPNGデータです。PNGデータと言われてもいったい何のメリットがあってどんなデータなのかについて説明します。

そもそもどんな種類があるの?

最初に一般的な画像データの形式をわかりやすく紹介します。

GIF

とても軽いデータ容量ですが、表現できる色数が少ないです。最近はあまり見ません。

JPG

軽いデータです。GIFよりも色の表現が豊富で使いやすい。
圧縮をして容量を軽くするのですが、圧縮する際に画像が荒れてしまうので若干難しい。圧縮具合によってデータの重さが変わるので注意が必要。
透過ができないので、素材配布には向いていない。

SVG

データは若干重め。
最近使われることが増えてきた扱いがちょっと複雑なデータ。デザイナーなどが使うことが多いもで、知識がない人は無理して使う必要はないかも。
理解するととても便利な形式。

PNG

今回の主役。
データとしてはJPGよりは重く、SVGより軽い。
色の表現も良く、透過ができるため扱いやすい。

透過とは?

画像の透過ありとなし

先ほどから「透過」という言葉が出ていますが、これの意味はなんでしょうか。
画像を見たらわかりやすいのですが、
「背景を持ったデータ」を透過していないデータ
「背景を持っていないデータ」を透過したデータ
となっています。
背景を持っていると画像を組み合わせることが難しいので、素材は背景が透過されているものが使いやすいです。

どんなソフトで使えるの?

基本的に画像を扱えるソフトなら扱えます。
Word ExcelなどのOffice系はもちろんOK。専門的なIllustrator PhotoshopなどのAdobe系でも扱えます。またスマホアプリの写真加工ソフトでももちろん対応しています。
印刷物にも最低限使用できますし、Web上であれば綺麗に見えます。最近のブラウザであれば間違いなくみることができます。